その他

2019年12月 4日 (水曜日)

「父親は手術しました その2」191204

 前略、自分のこと 家族のことなど、プライベートな内容、一切外部に漏らさないというのは、社会生活を営んでいる以上 ムリがあると考えています。
 ではどの程度 公にするか、各自の判断に委ねられるわけですが、いかがでしょうか。ご近所や仲間内の「相互理解」であるとか、会話の中で解決のための情報やヒントを得ることが出来るかもしれません。くれぐれもですが 自分だけ 同居の家族だけで問題を抱え込むことのないようにしたいものです。

*** 標記の件 ***

 老人ホームに入居していた父親は、「発熱 血圧と血中酸素濃度が低下し意識混沌」となり、同伴した病院で「うっ血性心不全」と診断。そのまま入院となりました。本年9月も終わろうかという頃。「高流量酸素療法(ネーザルハイフロー)」というもの。ベッド上絶対安静。これを一週間近く続け快方に向かう。
 最初の2日ほどは栄養も点滴。3日目くらいから食事を摂るようになりましたが 嚥下機能が低下しており いわゆる「ペースト食」当該病院では「嚥下調整色 1」。飲み込みというより「むせ返し」「咳払い」といったことが出来なくなっており、数日間だが「たん吸引」が必要な状態でした。<< わずかの絶食でも急激に衰えることがある由 >>
 徐々にレベルアップして「嚥下調整色 4」までになる。ホームにいたときに「下の入れ歯」を作り替えることになり 「明日つくる」というときに入院となっている。なので入院中は「入れ歯なし」の状態となっている。

 2週間余り過ぎ、「急性期は過ぎたから そろそろ退院ね♪」となる。元いたホームに戻るのが本来の姿ですが、いきなりは難しいという判断をしました。そのあたりの詳細は記事をあらためさせていただきます。
 老健(介護老人保健施設)への入所を検討しました。

*************

 まだまだ文字数が必要です。続きは後日ね。


ムカシほど入院期間は長くない・・・ 「ぽちっ」 にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月曜日)

「父親は手術しました」191125

 前略、自分のこと 家族のことなど、プライベートな内容、一切外部に漏らさないというのは、社会生活を営んでいる以上 ムリがあると考えています。
 ではどの程度 公にするか、各自の判断に委ねられるわけですが、いかがでしょうか。ご近所や仲間内の「相互理解」であるとか、会話の中で解決のための情報やヒントを得ることが出来るかもしれません。くれぐれもですが 自分だけ 同居の家族だけで問題を抱え込むことのないようにしたいものです。

 標記の件、先週の記事の中で、父親について、「大腿部骨折で入院中、現在手術日を控え終日 ベッド上安静」と記しました。上記のことを踏まえ もすこし詳しく経緯を記しておきます。

***

 2年前、2017年9月、住宅型老人ホームに入居、何度か短期間の入退院や救急搬送、ほかに様々な諸問題があったものの・・・(えらくカンタンに書いているが)・・・過ごせていたわけです。

***

 本年(2019年)9月も終わろうかという頃、朝の8時過ぎだったと思うが、「発熱 血圧と血中酸素濃度が低下し意識混沌」と ホームより連絡があり急行(とはいっても 4~50分かかっている)、すぐ近くの総合病院を拙者が手配して車いすを押していく。(その病院の IDを持っていて 基本情報は保存されている) 拙者はたまたま「ヒマ日」これ幸い。
 救急搬送でなかったためか、待合室で何時間か待つ。やがて処置室にて横になり点滴やらモニターやら。外来の診察が終わり待合室もカラになったころ ようやく診察、各種検査。そして日も暮れるころ そのまま入院。「うっ血性心不全」とのこと。レントゲン画像は「真っ白」でした。急性期病棟で部屋はナースステーションの隣 (これが意味することは何でしょうか?)

 治療は酸素療法がメインですが、一般にイメージされる「鼻の下に細いチューブ」のような生易しいものではなく「高流量酸素療法(ネーザルハイフロー)」というもの。ベッド上絶対安静。これを一週間近く続け、レントゲン画像は良好なものとなる。

*************

「大腿部骨折」にいたるまでには、まだまだ文字数が必要です。続きは後日ね。

 


相互理解と情報共有と・・・ 「ぽちっ」 にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月曜日)

「あれ、映らなかったよ」190513

 前略、先日(5/7)付の記事で、テレビ番組のことを記させていただきました。で、本日(2019年5月13日) 関係消息筋におたずねした当該番組をひとしきり見ていましたが、ついに 3/17の様子は放映されませんでした。そもそも番組表に久米さんのお名前も載っていませんでしたし、ご出演もありませんでした。

 拙者が認識しているのは「放映されなかった」という事実だけであり、そうなった経緯とかは伺い知る由もありません。また当該番組についての感想、ここに記させていただくことは差し控えさせていただきます。

ただ、

おいっ、この2時間を返してよー

それだけです。

 幣ブログの記事をご覧になり、ずっと番組を見ていた方がおられましたら、拙者からもお詫びの言葉を申し上げたいと思います。

 


さてと、ココロを切り替えて・・・ 「ぽちっ」 にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日曜日)

「種まく前にすることが」190505

 前略、本日 (2019年5月5日) 「こどもの日」、いわゆる10連休も終盤に差し掛かってきました。拙者私事、昨年は大型連休中「コレをする」と明確に決めて、完全ではないにせよ遂行していたのですが、本年は「おぼろげ」になっていました。
 かといってドッカリ休むわけでもなく、細々と低速回転にてアイドリングしているような状態。

 例えで言うなら「作物を育てるために種をまく」そうしたいのですが、まずその前に「畑を耕す」そのまえに「整地する」・・・農業のこととか何も知らないのですが。現在の状況は さらにその前であり「造成のやりなおし」が必要と自覚しております。

 具体的には汚部屋(おへや)をすっきりさせるべく「書類整理」をぼちぼちと。

 書類整理については昨年も行っています。演奏関係のもの教室関係のもの、そして家族関係のもの、とても連休中には完了できないボリウムですが、少しでも進めていきたいです。

 過去というか、これまでの経緯をしっかり整頓することで、きっちり前進することが出来ると考えています。

 


ときには 振り返ることも大切・・・ 「ぽちっ」 にほんブログ村

       

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日曜日)

「次のことを いつも考える」190428

 前略「冬に逆戻り」は ちとオーバーですが、肌寒い日々。

 明日(2019年4月29)に予定していました。施設演奏は日程変更となりました。昨日(4/27)の朝、施設さまに歌詞カードを送信しようとしていた まさにその時でした。てっきり催促の電話と思いお詫びの言葉を申し上げようとしたのですが違いました。

 日程変更については 頻度少ないとはいえ「普通にあること」です。理由は「台風」「インフルエンザ」などゴモットモなものから、「すっ飛ばしていた」とか今回のような「ダブルブッキング」など「やらかし系」までさまざま。いずれの場合でも 言いにくい事由でも ちゃんと言っていただけること大変ありがたいことです。ウソやゴマカシはいつかバレてしまいます。そうなると以降の活動は難しくなってきます。

 ご連絡は早いに越したことはありませんが、どんなにギリギリ、極端なハナシだと当日 現場に到着してからでも一向に構いません。「割り切って次の行動に移す」と決めています。抗議したところで何になるのでしょう。

*** 本題はここからです ***

 ご連絡をいただいたあと、即座に参加予定だったメンバーさんに電話連絡。さいわい全員つながりました。状況を申し上げると「了解」の応答。同時に「空いた時間 何しようかな♪」という感じ、電話口の向こうから伝わってきます。皆さま一様に。それぞれ多忙な方々です。

 「このようなとき どうするか」本会では時おり申し合わせています。不都合が発生するのは 本会の側、メンバーさんひとりひとりにも当然ありうることだからです。実際ありましたし。「急な病」「交通遅延」から「日程まちがえた」「場所がわからない」等まで。

「まず連絡」そして「つぎのことを考える」


 腹を立てて何になる?・・・「ぽちっ」 にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土曜日)

「機材を納入しました」190330

 暖冬だった割りに、「花冷え」の日々が続いています。標記の件、本日(2019年3月30日) 実施しました。納入先は先だってお世話になった教会です。
 既存の設備、30年来経過していて種々不具合が発生していることと、ワイヤレスマイクを導入したいといったことを検討されている由。ただ ノウハウがなく周囲に詳しい方もいらっしゃらない。ということで お話を伺い、ご依頼をいただきました。

 使用状況やご予算などを勘案し適切と思われる機材プランを数種リストアップして 今週初めに(3/25) 拙者が所持しているものは (旧型の同等品ですが) 実機を持参して いろいろ説明しそのうえで決定。仕入れてきて、そして本日。

P10402052  スピーカーについては既存の物を使用します。既存のケーブルに納入した機材を接続できるようにプラグを半田付けして取り付けました。

 ひとくちに「納入」といいましても実際には、「事前のご相談」「機種の選定、提案、決定」そして「設営」「接続」場合によっては「工事的」なこともあります。拙者は工事は出来ませんが。単なる「配送」とは異なります。

P10402062  これで使用できるようになりました。もっとも重要なのは「使用方法の説明」です。とくにワイヤレスマイクは「ペアリング」など一般の方には耳慣れない設定があります。初期設定は拙者が行いました。
 ムロン「取説」にすべて記載されていますが やはり口頭での説明は大事です。
 ほかにも、システム一式 電源入切りの手順であるとか、ハウリングしにくいマイクの使い方とか。

 これらの機材を問題なく使いこなしていただけるようになるまでが本当の納入と考えています。 


 最後まで責任を持ちたい・・・ 「ぽちっ」 にほんブログ村

         

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日曜日)

「トナリの芝が青く見えるとき」190324

 前略、今日も寒かったですね、「体調管理にはくれぐれも・・・」とはよく言われますが、皆さま具体的に何をしているのでしょうか。まずは「明日を知る」ことだと考えております。天気予報とか見ていますよね。

*************************

 さて本日(2019年3月24日)で「春の彼岸」も終わりです。「極楽浄土はよきところ」と思ったなら、どうしますか。いますぐ旅立たれますか。そうではなく「この世をなんとかしたい」とは思いませんか。別に「国政を変革するー」なんて大それたことではなく、自らの生活をかえりみることです。

 また「トナリの芝生は青く見える」そんなときは「自分ちの芝」を手入れしましょう。「トナリの芝」は自分の物ではありません。

*************************

 もうすぐ年度が新しくなり、もうすぐ元号が新しくなります。これを機に新しいことを始めようと思っている方。それは大いに結構なことです。ただ、思い通りの結果を得るためにも、上記の件ぜひ実践していただきたいと思うのです。「元の木阿弥」にならないためにも。

     


| | コメント (0)

2019年3月10日 (日曜日)

「時は経ってゆくもの」190310

 前略、東日本大震災が発生してから 8年が経過しようとしています。

*****************

 遠い過去のようであり、昨日のようであり

 薄れていく記憶、忘れまいとする活動

 復興が進むところ、遅れているところ

 戻らぬもの、新たに得たもの

 変わらないもの、変わってゆくもの

****************

 本日(2019年3月10日) 各地で追悼行事が開催されました。本年の当日(3/11) は月曜日であり、「あの日」にこだわるよりも「曜日の利便性」が考慮されたためで、このあたりにも「時の経過」というものを感じます。
 もちろん明日(3/11) も、数多く開催されると思います。

にほんブログ村 音楽ブログ ハーモニカ・ブルースハープへ
 明日の花を咲かせよう 「ぽちっ」 にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火曜日)

「相手が解せない言葉を使うのか・その3」190205

 昨日(2019年2月4日) ずいぶんと暖かな立春となりました。北陸地方では観測史上もっとも早く「春一番」が吹いた由。もっとも「春一番」は「立春の日」から「春分の日」までの間ですので、これ以上早くなることはないわけです。

 標記の件、今回は

*** 見切れ *** どのような状態なのでしょう

①、もともとは舞台用語で、「舞台袖や 舞台上のセットや大道具の背後などに隠してある その場面に無関係の物 または控えている役者さんなど、そのとき見えてはならないものが 客席の角度によって 見えてしまっている」状態。 「見切れている」などというのですが、

②、ところが PA用語では、ステージ両端に設営したメインスピーカーなどが 客席からステージを見渡すことを妨げている、つまり 見えるべきものが見えなくなってしまっている」状態を「見切れている」。 ①の意味とは正反対ですね。

さらに

③、集合写真などで画面端の人物が半分しか映っていないなど。P10400392これも「見切れている」。ミスのときもあれば故意にやることもあります。
 たとえば、この写真の右の人物は「見切れている」状態ですが、これはレイアウト上のバランス、さらに被写体のプライバシーを考慮して トリミングしているわけです。

同じ「見切れ」でも 場面によって意味合いは異なります。

****************************

 あなたが聞き手なら「誰が言ってるのか、あるいはその場面」をみて「見切れ」の意味を判断する必要があります。また あなたが発言者であれば 相手の職種や理解度を考慮する必要があるわけですね。


相手をみて話す、聞く・・・「ぽちっ」 日本ブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火曜日)

「相手が解せない言葉を使うのか・その2」190129

 前略、「書き言葉」であれ「話し言葉」であれ、さらには「記号」のようなものであれ、まずは「伝わってナンボのもん」と思います。そのためには「受け手側」の努力も必要ですが何より「発する側」の気遣いが大切と考えています。

*** 「アウトロ」 *** 「アウトロー(無法者)」とは違います

 このような↑言葉を聞いたことがない方でも、「音楽用語」として考えれば、大体の検討はつくでしょうか。

 「イントロ(前奏、introduction)」の反対語として造り上げられたもので、曲の「後奏」を差します。英語で「outroduction」というのは存在しません。(将来は知らん)

*** ところで ***

 楽曲の終りの方は、おおむねですが「後奏」の部分と「終りのキメ」の部分がありまして、拙者が作成する譜面では両者区分せず「後奏」の始まりを以って「Ending.」と表記しています。
 これを「後奏」を「Outro.」、「終りのキメ」を「Ending.」としてやれば実に都合がよろしい。広く世間一般に使われるようになれば、拙者もこの「アウトロ」という言葉を採用するかも知れません。


言葉も進化していきます・・・「ぽちっ」 にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧