« 「クロマチックハーモニカ(京都)発表会のお知らせです」160606 | トップページ | 「枚方 楽寿荘ハーモニカ入門講座」160608 »

2016年6月 7日 (火曜日)

「練習の成果を阻害するもの・その10」160607

 標記の件、今回は視点を変えてみましょう。

**********************************

 お家で、ある曲を「通し練習」しているとき、どこかで間違ったとしてもさほど気にせずに最後まで奏でることは出来ていると思います。
 ところが本番では、ほんのちょっとしたことで「あちゃー」となってしまう。そしてその「あちゃー」が長く尾を引いてしまうことで、更なるミスを・・・というより「演奏を楽しむ」ことが出来なくなっている。

***練習は本番のつもりで***

 ↑これ聞いたことありませんか? 「通し練習」のとき一度でいいから「間違えないように」気合を入れてみましょう。
 自分自身にプレッシャーをかけ、緊張感のなかで間違えなければそれでよしですし、間違えたとしても「あちゃー」から素早く復活してエンディングまでやり遂げましょう。
 このような練習を積んでいるからこそ、次の言葉が活きてくると感じます。これも聞いたことありますかな?

***本番は練習のつもりで***


 ココロも本番環境で練習してみよう 「ぽちっ」 にほんブログ村

           

|

« 「クロマチックハーモニカ(京都)発表会のお知らせです」160606 | トップページ | 「枚方 楽寿荘ハーモニカ入門講座」160608 »

練習ぎらいの・・・」カテゴリの記事

コメント

アチャー

その通りです。
身にしみます。

投稿: M | 2016年6月 8日 (水曜日) 09時16分

    Mさまーーー♪
    本番では
    いかに「あちゃー」を防ぎ
    いかに「あちゃー」と向き合うか。
    だと考えています。

投稿: あちゃー小僧 | 2016年6月 8日 (水曜日) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「練習の成果を阻害するもの・その10」160607:

« 「クロマチックハーモニカ(京都)発表会のお知らせです」160606 | トップページ | 「枚方 楽寿荘ハーモニカ入門講座」160608 »